160331_eye_re

八木町の老舗料理店・「いけじゅう」に行ってきた! 〜地元食材と健康へのこだわり〜

まち冒険in京都府南丹市!京都市内だけではない京都の多様な魅力に触れられるということで、わくわくしてやってきました!
そんな僕達が訪れたのは、八木町・南地区。ひとしきりまち歩きを楽しんだ後、西洋料理店「いけじゅう」にお邪魔しました。
そこでいただいたハンバーグランチのおいしさに感動!さらには驚きの◯◯アイスまで登場。そのおいしさの背景にはオーナーシェフ・池田勤さんのこだわりと深い地元愛がありました。

この地で80年!八木町の歴史とともに歩んできた「いけじゅう」

こんなにおいしい洋食がまさか京都で楽しめるなんて!
こだわりのつまった料理の数々に感動した僕は、2代目オーナーシェフ・池田勤さんにインタビューさせていただくことに。

ここ、いけじゅうの創業は1937年。戦前までは日本料理店、開戦直前には「カフェー」(現在のスナックのようなもの)、戦後は町の食堂…幾度もの業態変化を経て、池田さんが26歳でお店を継いだ時に洋食を始めたのだそうです。
東京の洋食屋さんでも修行を積んだ池田さんの感性により、お店のメニューはどんどん進化していきました。
ちなみにお店の名前の由来は、お父さん・重太郎さんのお名前だそうです。

ハンバーグランチを堪能!

今回僕がいただいたのはハンバーグランチ!
前菜のサラダの和風ドレッシングは、なんと自家製のオリジナル品。

スープはスパイシーかつ野菜の旨味がしっかり出ていて、食欲をそそられるおいしさ。

そしてメインディッシュ!

千葉県の生産者から直送された「さくらポーク」というお肉が使われているこちらのハンバーグは、ジューシーで旨味たっぷりなのに脂っこくなくあっさりしていて、飽きのこないおいしさ。玉ねぎたっぷり・ふっくら食感もあいまって、つやつやのライスとともにあっという間に完食してしまいました!

地元愛と健康志向〜池田さんのこだわりの数々〜

ふとメニュー表を眺めていると、そこには池田さんのこだわりの数々が記されたパンフレットがいっぱい!

作り置きはしない、ソースやだしは手間暇かけて手づくり…そしてとにかく健康に良い食材を厳選し、食品添加物や過剰な油脂は不使用。
創業当時から食材にはこだわっていましたが、より健康志向になっていったきっかけには、12年ほど前に心筋梗塞を経験したことがあるそうです。
いやぁ、今こうやって池田さんの料理を楽しめることに感謝!

そして僕が感動したのは何と言っても地元食材へのこだわり!
先ほどいただいたお米は地元農家さんから直接仕入れた一品。やわらかく甘みの強さが特徴的な玉ねぎも町内産、京丹波特産のハタケシメジなんかも使用しているとか!地産地消に積極的に取り組んでいます。

京野菜・壬生菜(みぶな)アイス?!

いけじゅうの地元愛はそれだけではありません!!
なんと、市内の日吉町で採れる京の伝統野菜・壬生菜(みぶな)をアイスに仕立ててしまったというのです…!

きっかけは10年以上前、壬生菜の生産者さんに壬生菜づくしの料理を作って欲しいという依頼を受けたこと。
味に大きなインパクトがなくあっさりとした壬生菜を主役とすることはかなりの難題。非常に悩んだ末に出来上がったのがオリジナルの「壬生菜アイス」でした。

野菜のアイスってどんな味なんだろう?!早速いただいてみると…

うん、期待を裏切らないおいしさ!!すっきり・さっぱりとした甘みで口の中ですっと溶けていきます。食後のデザートにはぴったりの大人の味わいです。
カルシウム、鉄分、ビタミンC、食物繊維などとにかく健康に良いものづくしの壬生菜をふんだんに使ったこちらのアイス、ぜひみなさんにも味わっていただきたいです!

本当の意味で「顔が見える」料理店を追求

最後に、お店が目指している姿をお聞きしました。
池田さんが食材を選ぶ上で大切にしているのは、「こだわり」の裏側にあるもの。「こだわりの◯◯」という言葉はよく聞きますが、どのようにこだわっているのか、本当にこだわっているのかどうかは、実際にその生産者とお付き合いをしていかないと見極めることができないと言います。

先ほどご紹介した地元産のお米も、なんとお店から1kmのところで作られているもの!自分の目の届く範囲のものにこだわるだけではなく、人間的なところまで含めた、本当の意味での「顔が見える」料理店を目指しているそうです。

池田さんのおかげで八木町や京丹波の食のおいしさに触れることができて大満足!!
普段は都会の大学に通っている僕にとって、地方ならではの「顔が見える」食の楽しみ方はとってもうらやましく感じられました。
地元を大切にしているからこそ、地域の皆さんに80年も愛され続けているのですね。
みなさんも八木町を訪れる際には、ぜひ「いけじゅう」のこだわりメニューの数々を味わってみてください!

ギャラリー








平川 明夏

平川 明夏

大学生

埼玉出身 / 日本大学 / 生産工学部 / エネルギー / 飲食店アルバイト