「オール丹後のまちづくり」の中心人物

経歴

東京都葛飾区出身。
大学中退後、北海道十勝の建築設計事務所に入所。
1998年、京都府立「丹後海と星の見える丘公園」再設計の仕事がきっかけで宮津市内に移住し、以来、丹後の多くの人を巻き込みながらまちづくりと空き家の再生に携わる。
2012年、任意団体・宮津町家再生ネットワークを立ち上げ、翌2013年よりnagaya cafe桜山をオープン、活動を開始。2015年12月株式会社となる。

活動内容

建築関係の仲間や地域住民たちとともに、築100年を超える町家をリノベーションした「桜山長屋」で丹後のまちづくりの担い手が集まるカフェ、「nagaya cafe桜山」をオープン。古民家を使って新たなチャレンジをしたい人、地域に根付いて新規事業を起こしたい人など、丹後中の様々な人ともにまちづくりを考え、数々のイベント開催やプロジェクト立ち上げを行ってきた。市内のゲストハウス、「ハチハウス」と「海猫ゲストハウス」は羽田野さんの現場指導と助言によって誕生した。

目指しているもの

地域の担い手1人1人がなりたい自分、実現したいまちの姿を思い描くことで、「オール丹後で全てのデザインができるまちになる」こと。他出した人々がふるさとに戻ってきたくなるような場づくり、それぞれの課題を単独で解決しようとするのではなく、足りないものを補い合って応援しあえる関係づくりを心がけ、行政・住民・コンサルタントの枠を超えたまちづくりを目指している。