intern-miyazu-content

自分が自分らしくいられること

生き方の選択肢を広げるきっかけに

私の出身地は都市部とは離れた「地方」です。
大学進学を機に都会での1人暮らしを始めましたが、まちには人が多すぎてひとりになりたいと思う一方、人と人とのつながりを感じることはほとんどない、そんな日々を送っています。

今回のローカルインターンシップでは、人のあたたかさに触れたと同時に、自由な発想を持った方々のお話をお聞きすることができ、自分自身の今後の生き方における選択肢を広げるきっかけとなりました。

発想も生き方も自由な石田さん

umineko

私がお話を伺ったのは、宮津の古い町並みの中にある古民家ゲストハウス、「海猫ゲストハウス」オーナーの石田由美子さんです。
地域のつながりの強さや、石田さんご自身の生き方について、たっぷりお聞きすることができました。

ゲストハウスの中に入ると、まず目に入るのが玄関に並んだ海外の雑貨たち。
石田さんは東京や大阪といった都会で働いた経験もあり、その間、約30カ国もの国を放浪してきたという経歴をお持ちです。お話を伺っていると、発想も生き方も自由。
宮津に生まれ育って、都会に憧れて一度は地元を離れたけれども、両親と暮らすために宮津にUターン。
ゲストハウスをやりたいと思ったきっかけは、オーストラリアで泊まったゲストハウスのオーナーがとても親切でフランクで、自分もそんな風になりたいと思ったことでした。

「ただいま〜」と言いたくなるゲストハウス

実際に泊まってみると、古民家ならではのどこか懐かしい雰囲気とエスニックな要素が入り混じっていて、ふと「ただいま〜」と言いたくなるような気持ちにさせてくれました。
お話の中で印象に残ったのは、地域のつながりについてです。
都会から戻ってきたは良いものの、信用を得るまでには様々な苦労があり、特に団体客や海外のお客さんが来た時には説明を求められることもあったそうです。
地域のつながりが密だからこそ、安全な面もあるし少々閉鎖的な面もある。宮津のそんな一面を知ることもできました。

自分らしい生き方を

今後の展望についてお聞きすると、「旅がしたい」とおっしゃった石田さん。
ゲストハウスの名前からわかるように猫がお好きで、今後は動物保護に関わることもやってみたいと話してくれました。
なんとも石田さんらしい自由な生き方です。

石田さんのお話を通して、自分が自分らしくいられること、好きなものは好き!と言える気持ちを大事にしていきたいと強く思いました。
だって自分らしい生き方をしている人って、すっごくキラキラしているんですよ!

関連特集

下川茜

下川茜

学生ライター

関西外国語大学 英語キャリア学部3年
下川茜

下川茜

学生ライター

関西外国語大学 英語キャリア学部3年