151030_eye_re

綾部市で「まち冒険」やってきました!〜フィールドワーク・レポート〜

地域と地域、人と地域、人と人をつなぐ「まち冒険プロジェクト」の第1弾が、京都府綾部市で行われました!11人の学生たちによる「冒険」の模様を、スタッフがお届けします。

東京で行われた「まち冒険ワークショップ〜京都府・綾部市〜」を経て決定した「冒険」に出かけた、11人の学生たち。果たして、どんな「冒険」になって、どんな「つながり」が生まれるのか?スタッフも第1回なので、何が起きるか想像できず、不安と緊張でいっぱい…そんなスタッフのドキドキを知ってか知らずか?これからの冒険と出会いに期待を膨らませている学生たち(笑)は、夜行バスでの長旅の疲れもなんのその、9月8日の朝に、元気いっぱい笑顔満開で綾部駅前に到着しました!

FW

駅前でオリエンテーションが済んだら、いよいよ1泊2日の「まち冒険」に出発です!

FW

「まち」に飛び込め!まち冒険スタート!

11人の学生たちは、それぞれ「里山ねっと・あやべ周辺エリア」「『水源の里』エリア」「西八田エリア」にわかれ、冒険をスタートしました。

農家で野菜を収穫し、一緒に田舎料理を作ったり…

FW

旧小学校を再生した交流施設で懐かしの給食を再現してもらって、おいしくいただいたり…

FW

そば打ちにチャレンジしたり…

FW

お寺で写経をしたり…

FW

地元の食材でバーベキューをしたり…(おいしそう!)

FW

スタッフは、それぞれの体験の様子をクルマで走り回りながら、写真を撮ったり様子を確認したりしました。おいしそうなバーベキューや田舎料理を横目に見ながら、「く、くやじい…」とハンカチを握りしめた時もありましたが(涙)、最初は緊張気味だった学生と地域の方々の距離感がどんどんと縮まっていくのを目の当たりにし、「まち冒険」によって学生も地域の方々もつながっていくことを実感することができました!
みなさん、いい笑顔をたくさん見せてくれました!

FW

FW

FW

新たなまちの地域資源発掘!「まちのとびら」

それぞれのテーマにチャレンジするだけでなく、冒険を通じて学生が見つけた新たな魅力や資源、地域の人が若者に知ってほしいことや体験してほしいことを発信する「まちのとびら」も探索しました。
地域の人にとっては「そんなことが資源になるの?魅力なの?」と、今まで気づかなかったことも、首都圏からやってきた学生にとってはとっても魅力的!これも、学生と地域とのつながりがなければ、発見できなかったことです。

FW

FW

最終日には、なんと山崎善也綾部市長との懇談会を開催!自治体の首長に、自分たちが感じたことを直接伝える機会をいただきました。

FW

山崎市長との懇談会では、今回の「まち冒険」が新たな綾部市の魅力や地域資源を発掘し、さまざまな形での地域の人々と都市部の若者の「つながり」のきっかけになることへの期待をひしひしと感じました。

FW

「まち冒険プロジェクト」の第1弾は、学生にとっても、綾部市の地域の方々にとっても、たくさんの財産を得ることができました。
どの「まち」にも、まだ気づかれていない「宝物」はたくさん眠っています。「まち冒険プロジェクト」の願いは、地域と都市部の若者とがつながって、宝物が発掘されること。
学生や若者のみなさん!テーマパークや観光地ではできない貴重な「冒険」をしてみませんか?地域の皆さん!都市部の若者とつながって、気づかなかった新たな宝物を見つけませんか?

「まち冒険プロジェクト」は、まだ始まったばかり。これからも、たくさんの地域と地域、人と地域、人と人をつなげていきますので、どうぞお楽しみに!

澤千絵

澤千絵

まち冒険プロジェクトスタッフ / Bono Inc. 新人ライター

東京都三鷹市生まれ。中学生の頃に地元町内会の新聞記者を始めたことから、地域づくりに関心をもつ。大学では主に地域社会学・都市社会学を学び、地方移住(UIJターン)の調査や地方でのフィールドワーク、質的調査(インタビューなど)を行ってきた。趣味は大好きな青森について探求すること、楽器演奏、大学時代の研究の続き。みなさん、いろいろ教えてください!
澤千絵

澤千絵

まち冒険プロジェクトスタッフ / Bono Inc. 新人ライター

東京都三鷹市生まれ。中学生の頃に地元町内会の新聞記者を始めたことから、地域づくりに関心をもつ。大学では主に地域社会学・都市社会学を学び、地方移住(UIJターン)の調査や地方でのフィールドワーク、質的調査(インタビューなど)を行ってきた。趣味は大好きな青森について探求すること、楽器演奏、大学時代の研究の続き。みなさん、いろいろ教えてください!