400年の伝統の継承者から医療難民を救うナースまで!2016年ベスト応援記事まとめ

まち冒険では、記事に登場した地域でがんばるキーマンを応援することができます。今回は、2016年に公開した記事の中でも、特に多くの人が応援した5つの記事を紹介します。

記事の最後にある「応援する」ボタンを押すだけで、誰でも無料で記事に登場した人や、地域を元気にしたい大学生を応援することができます!
クリックする応援だけでなく、FacebookページのいいねSNSでのシェアなどさまざまな方法で応援ポイントを貯めることができます。

これは、一定以上のポイントが貯まる※と、まち冒険の売上の一部をプレゼントする企画です。
ぜひボタンを押して、地域でがんばるキーマンを応援しましょう!

【5位】元公務員が、子どもたちの”食”を守るために立ち上がった!


地元では知らない人はいないほど有名な女性、和田裕子さんは起業する前は一人の公務員でした。

地元の特産品をPRする仕事をする中で直面した
後継者がいない
という課題。

これまで地域おこしなどには全く興味がなかったそうですが、後継者不足問題の深刻さを目の当たりにする中である思いが芽生えます。

それは、
「この地域がこんなにも面白く、ワクワクできる場所だということを、100年先の子どもたちに伝えたい」
というもの。

“安定した仕事”と言われる公務員を退職してでも始めた、食を守る挑戦を紹介します。

↓応援記事はこちら↓
女子会で起業!?元公務員が島根県の三瓶山の原っぱで起業した理由
合計 800,000pt相当の応援!

【同率3位】400年の伝統を受け継ぐ若手女性職人の挑戦を追う!



堀内茉莉乃さんは、富山県高岡市の町工場「Orii」で働く職人です。

高岡市は、高岡銅器という400年以上の歴史のある伝統文化がある街です。ここで、3代続く銅器メーカーで働く若き職人がこの応援記事に登場する堀内さんです。

求人が出ていないのに、銅器の魅力に惹かれて応募。今では工場で伝統の銅器を作るだけでなく、銅器を使ったアクセサリーづくりもしています。

全国的に、伝統文化の担い手不足が問題になる中でも、受け継ぐだけでなく積極的に新しい要素も取り入れる女性の挑戦を追います。

↓応援記事はこちら↓
400年間の歴史を持つ高岡銅器。経験ゼロで自らOriiに飛び込んだ女性の挑戦
合計 1,000,000pt相当の応援!

【同率3位】”地域おこし協力隊”よりも地域のために活躍する男の目指す未来


かつて東京の広告代理店に務めていた佐々木正志さん、通称「マーシー」が主人公の応援記事です。
地域おこし協力隊として鳥取県大山町に赴任したマーシーは、最大3年間、1年間で400万円の予算があるのにもかかわらず1年で協力隊を退任します。

その後はなんと、自分の意思で地域に残り東京から人を呼んだり、都内のレストランとコラボレーションした企画を行ったりしています。

地域おこし協力隊だけが地域おこしをできる、というわけではない。

マーシーの姿勢からはそんなメッセージを感じることができます。

↓応援記事はこちら↓
本気だから、あと800万円もらうより地域に残ることを選んだ男
合計 1,000,000pt相当の応援!

【同率1位】医療課題にパンチ!地域を元気にするナースが京都で生まれる



地方では、病院の人手不足が特に深刻であると言われ、日本全体を見ても医療費の高騰が問題になっています。
そんな中、全く新しい確度からこの問題に取り組むのが佐藤春華さんが挑戦する「コミュニティナース」という働き方です。

最近はNHKや各種メディアでも取り上げられれうようになってきたこの取組。
ぜひご覧ください。

↓応援記事はこちら↓
日本の医療難民を解決!?ナース服を脱いだ看護師”コミュニティナース”に挑戦する24歳
合計 3,500,000pt相当の応援!

【同率1位】地域おこしの”現実”と向き合い、大学を休学して地元のために活動する若者の挑戦



最近は、大学生など若い人の中でも地域おこし活動に興味を持つ人が増えてきました。この応援記事で紹介している伊藤拓真さんも大学生です。

しかし伊藤さんは、現在は大学を休学して地元の愛知県東栄町の活性化に本気で取り組んでいます。
石川県で、本格的に地域活性をしている会社でインターンして学んだことを、地元でも実行することが目標です。

一見するとふつうのイベントをするだけのようにも見えますが、その狙いはより深く、本質的な部分にあります。伊藤さんの現実的で夢に満ちた挑戦をぜひ応援して下さい。

↓応援記事はこちら↓
“オンパク”の手法を生かし地域にコミュニティを。愛知県東栄町で大学生が奮闘する町おこし
合計 3,500,000pt相当の応援!

2017年も応援記事がもりだくさん!


今回紹介した以外にも、鳥取県の不思議な本屋さんをしている男性や地域の”森”に関わる人々をつなぐ女性など、さまざまなキーマンを紹介してきました。

2017年もどんどん面白い活動をしているキーマンを応援する記事を発信していきますのでぜひFacebookページへのいいねをして、最新記事をご覧ください!

※ 応援ポイントは1週間毎にリセットされ、100ptで1円になります。達成したポイント数に応じて送る金額が決定し、500,000pt以上が貯まるとまち冒険の売上の一部をプレゼントします。

※記事は全て掲載当時の情報です