MADE IN KIRYUにこだわり、伝統の技から生まれた“山ストール”

群馬県桐生市にSHOPを構えながら、アウトドア雑誌にたびたび取り上げられるなど、大きな注目を集めるブランド「PRIRET(プライレット)」。

同ブランドが提案する“山ストール”には、古くから繊維産業を生業としてきた桐生に伝わる風通織(ふうつうおり)という織り技術が使われています。

r_IMG_7947

その伝統技術はもとより、その機能性・デザイン性の高さからアウトドアや登山を好む人たちを中心にファンを獲得。

今後ますますの飛躍が期待されるPRIRETの代表 上久保さんに、ブランド誕生のきっかけや、商品に込めた思いをお聞きしました。

地元・桐生の技や素材を
使ったものづくりを

PRIRETの山ストールの生地に使われている風通織という技術は、その名の通りストールの生地が重なり筒状になっていることが大きな特徴

実は、この筒状の形態が、商品の魅力を大きく引き上げています。

r_IMG_7944

上久保
山ストールの表と裏が、それぞれシルクと綿になっています。綿は吸水性が高く手ぬぐい代わりになりますし、肌触りが良いシルク面は紫外線を防ぐ効果もあります。

筒状になっているので、頭からすっぽりとかぶれば、首を温めることもできるんです。

 
山に登る前はネックウォーマーとなり、登って汗をかいたら、てぬぐい代わりにもなるというわけです。

r_15110970_1668317870126354_6077295493168734668_o

群馬県桐生市の織物の起源は1,300年前に遡るといわれます。

そんな織物の街で生まれ育ったことがブランド誕生に影響があったのでしょうか。

上久保
実はブランドを立ち上げるまで、織物や染物の知識はまったくなかったんです。でもどうせなら地元の桐生の技術を使ってものづくりがしたいと思っていました。

もともとアウトドアが好きで、いろいろな模索を続けるなかで、桐生織の技術や、手染めの職人さんとの出会い、山ストールという発想に行き着いたんです。

r_FullSizeRender

無知だからこそできる
柔軟で新しい発想

織物や染物の知識はもとより、アパレルの勉強すらしたことがなかったという上久保さん。商品づくりは、職人さんに教えてもらいながら学んでいったそうです。

上久保
今でも職人さんにいろいろ教えてもらいながら試行錯誤しています。でも、知らないからこその強みもあると思っています。

山ストールは表と裏でデザインが違うことが特徴なのですが、通常であれば裏面にまで染料が染みこむわけですからデザインを分けることはできないんです。

それを知らずに職人さんに相談に行って「え?二重の生地って染められないんですか?」と言って、職人さんを困らせたりしました(笑)。

山ストールの生地は、鯉のぼりなどを染める20m以上もある染め物台を使って、手作業で染めている。しかし、二重の生地を別々の色で染めるという経験は、職人さんにとっても初めてだったそうです。

上久保
染料の温度、硬さ、刷毛の種類や動かし方などを調整して、裏面に染み出さない加減を探ってくれました。

あとで聞いたのですが、職人さんも「最初は、正直ムリじゃないかなと思ってた」と言っていました(笑)。ブランドをスタートしてみて、改めて職人さんってスゴい、桐生ってスゴいと思いましたね。

技や機械を、確かな価値とともに
受け継ぐために

素材やデザイン、すべてに「MADE IN KIRYU」を詰め込むこともこだわり。

織物の街桐生というと、どうしても着物や帯というイメージがありますが、上久保さんは見せ方ひとつでそのイメージは変えられると言います。

上久保
文化や伝統は守りながらも、もっと違った魅力を伝えたいと思っています。

そして、これまでの染め物製品は、デザインに関係なく生地の質などで値段が決められていくことが多いんです。

僕は、職人さんの高い技術を適正な値段できちんと伝えたいですね。これからの商品づくりにおいても、そこにはこだわりたいです。

r_053

 
PRIRETの山ストール1番人気は、赤城山の等高線をモチーフとして取り入れたデザイン

ご自分で使っていただくほか、贈り物としても選んでいただいているそうです。

赤城山の等高線をモチーフに

上久保
父の日などに「お父さんが登山が好きなので」とプレゼントとして買っていただくこともありますね。

登山は幅広い世代が親しんでいるので、プレゼントとしてコミュニケーションのきっかけにしていただくこともできると思います。

r_IMG_7956

まだまだ織りや染めの技術については、勉強中という上久保さん。
今後はどんな展開を夢見ているのでしょうか。

上久保
現状では僕はビジュアルのアイデアを考えるのみです。
アイデアをどうカタチにするのかは、機屋さんや染め物屋さんに相談するしかありません。

今後の可能性を広げるためにも、チャンスがあれば自分で織機を持ちたいですね。

時代の流れとともに、織機の数は少なくなっていますから、受け継いでいくという意味も込めて、ぜひ実現したいと思っています。

PRIRET(プライレット)
群馬県桐生市東久方町1-1-55
http://priret.com/

伝統を新たな形で受け継ぐPRIRET上久保さん。
1,300年にわたって織物の街として続いてきた桐生には、製品のヒントとなるような、語りきれないほどの物語がありそうです。

今後の新たな展開にぜひ期待したいですね。