暮らしとともに丁寧に。本質と向き合う織物ブランド。

織物をはじめとした繊維産地として、かつて隆盛を極めた群馬県桐生市。そこで伝統の息吹を受け継ぎ、新たな時代の感性を刺激しているブランドが「OLN」です。

麻でつくられたふきん

大量生産・大量消費の時代の波に押され、かつての輝きを失った織物業界にあって、彼らはどう輝きを取り戻そうとしているのか?OLNを手がける井上ご夫妻に聞きました。

原点に立ち返ることで見えた
自社ブランドへの道筋

井上さんご夫妻は、2005年に義浩さんのご実家の家業であった井清織物(群馬県桐生市本社)に入社。

しかし、時代の流れもあり当時の主力だった帯の需要が低迷。その先が見えない状況を目の当たりにして、大きな不安を抱いたそうです。

義浩さん
僕たちが東京からUターンして家業に入った2005年当時は、生地を織って買い継ぎ商に卸すことが事業のすべてでした。

買い継ぎ商から問屋へ渡り、小売店へ卸されるので、最終的な販売価格やお客様の反応は分かりません。

売れなくても、なぜ売れないかが分からないんです。何か改善したいと思っても、そのための課題すら洗い出せない状態でした。

帯づくりで培った技と感性から、
丁寧につくられるOLNのストール

義浩さん
でも、あとで「もっとこうすればよかった」と思うのだけは嫌でした。妻とも話し合いを重ねて、「自分たちで納得いくものを作って、共感してもらえる人を探そう」と、改めて自分たちの目指す理想の帯づくり取り組みはじめたんです。

試行錯誤を重ねるうちに、ようやく目標としていた京都の問屋さんに初めて「うちでこの商品を扱わせてください」と認めてもらえたんです。

それが自信になって「誰にどう思われても、自分たちの良いと思ったものを追求しよう」と、雑貨やストールをつくるようになったのが、ブランドとしてのOLNのはじまりです。

自分たちが良いと
思うものだけを作りたい

今でこそ確かな品質を求めて手仕事製品への需要は高まっているが、当時は前例がまだ少ない時代。新しいブランドの船出はどうだったのでしょうか。

義浩さん
OLNをスタートさせるぞという時期に、体調を崩し入院してしまいました。

その時に、命の時間は限られているということが改めて身にしみて「たとえ儲からなくても胸を張れる仕事がしたい」といっそう思うようになりました。

納得できないで織物をやるよりもよりも、とことん糸や機械、ものづくりと向き合って「これは俺たちがつくったぜ!」と思える方が、自信をもって売ることができると思いますし、その想いはお客様にも伝わると思うんです。

忍さん
工程が楽とか、時間が短縮できるとか、考えるのは簡単だと思うんですけど、うちの価値というは手間をかけてこそだと思っています。

他の人が面倒だと思うことも、一つひとつきちんとやっていけたらいいなと日々思っています。

義浩さん
手間をかけるといっても、奇をてらわないようにはしています。流行に流されてしまうのではなく、購入いただいた方には最低10年はお気に入りとして使っていただける商品が理想です。

と、いろいろ言ってますが、モチーベションのほとんどは妻に「よっちゃんすごいね」と言われたいということなんです(笑)。頑張る理由の8割5分は褒められたいからです(笑)。

OLNを立ち上げるまでに、自分たちで織機の調整・修理を覚えるなど、技術以外の研鑽も重ねた。

ヒントは農業
シンプルなものづくりを目指す

ものづくりにおいては、どんな点にこだわっているのか、またそのインスピレーションの源はどこにあるのでしょうか。

義浩さん
ものづくりをするうえでは、「農業」のシンプルさを参考にしています。現代は物事の仕組みがすごく複雑になってしまっているような気がします。

一方農家さんは、ただ真摯に野菜作りと向き合い「◯◯農園でつくっています」と書いて、発信するだけ

でもお客様は満足して買ってくれるんですよね。それが時代的にもすごくカッコいいことだと思いますし、流れがとてもシンプルで良いなと思います。

そして、農業は種を植える前、良い土作りから始まります。

これは織物も同じで、織機を動かすまでの準備が大切、暮らし方や生き方、お客様の関係性を含めて、すべてを大切にデザインしていくと最終的な製品にも出ると思うんです。

 
目には見えないけれども、暮らしとの向き合い方、お客様とのコミュニケーションのあり方など、すべてが製品に反映されると井上さんは言います。

暮らしという点では、男の子と女の子、二人のお子様がいるご夫婦にとって、桐生での暮らしにどんな印象を持っているのでしょうか。

忍さん
地域の関わりのなかで、日々自然体で暮らしていられる気がします。

子供たちはよく工場周辺で遊んでいますが、昔からよく知る近所の人からは「おじいちゃんにそっくりだな」と言われたり、私たち自身も「井清の若い人たちが頑張ってるね」と、言っていただけたりすることもあります。

義浩さん
お墓がすぐ近くにあるんですが、お彼岸には子どもと歩いてお墓参りに行きます。東京暮らしが長かった僕たちには新鮮でした。

まさに昭和な習慣だと思うんですが、いまは“普通”であることすら大変な時代ですから、お墓参りに限らず幼い頃に感じた“普通”が今改めてものすごくカッコイイと思えるんです。

工場の敷地内には数々の昭和の風景が残る。
左手前はかつて社員の食堂だった建物。

忍さん
子育てでは、子供を子供扱いせず、一人の人間として接したいと思っています。

自営業ですから、子供達に自分たちが必死になっている姿や、つらい時期に真剣に話し合っているのも見ていますし、きっとそのことが伝わっていると思います。

義浩さん
子どもに「俺の背中を見て育て」とは思わないんですけど、お父さんも下手くそながらも必死でやってますっていうのが伝わるのはいいなと思いますね。

手仕事ブームのなかで
どうやってブランドを際立たせるか

これまでは地場産品の合同展示会などで商品をPRしてきたOLNですが、今後はブランドの単独で展示会出展を検討するなど、独自の世界観をつくることに注力していきたいそうです。

その真意はどこにあるのでしょうか。

カフェのギャラリースペースでの展示風景

義浩さん
大量生産・大量消費の裏で“こだわりのある手仕事”の価値が見直され、地方のデザインも急速に洗練されつつあります。

そうすると、多くのブランドが “それなり”のクオリティがあるように見え、地場産業としての良さが際立たなくなっていると思います。そこでは、僕たちが今まで時間をかけて磨き上げてきた地力が生きてくると思います。

数多くある手仕事ブランドに埋もれないためにも、品質はもちろん、その見せ方・売り方を含めてひたすらに磨きあげ、しっかりと売れるブランドをつくっていきたいですね。

OLN(有限会社 井清織物(いのきよおりもの))
群馬県桐生市境野町6-344
Tel:0277-44-3568

上辺のデザインだけでなく、つねに技術や感性を研ぎ澄まし、暮らしへの向き合い方にまでシンプルに洗練させながら、ものづくりと向き合う井上夫妻。

手仕事に関するデザインが飽和状態を迎えそうな今後、どんな唯一無二の表現をみせてくれるのか楽しみです。