好奇心旺盛で、常に何かに挑戦したい。トマト農家 佐々木繁夫さん

〜行き詰まる度にやりたいことがどんどん見つかる〜
  好奇心旺盛で、常に何かに挑戦したい。

写真1

可愛らしいおじいちゃんと笑顔が素敵な奥さん。

佐々木さんは定年退職後に第二の人生としてトマト農家を一から始めました。
日高町の土地は他の地域に比べ、標高が高くトマトが栽培しにくいと言われていた土地であったのですが、「他の標高が高い地域でできて日高でできないわけがない!」と思いトマトの栽培を始めトマト農家として成功を収めた方でした。
トマト栽培には「富郷の名水」という湧き水を利用しており、甘くてとても美味しいトマトです。

なんとまだトマト農家を初めて8年間しか経っていません!!!

忙しい時は家族に手伝ってもらい、3人でやっているそうなのですが、普段は2人で16個のビニールハウスのトマトを栽培しているという多忙な生活。
収穫の時期5〜9月は毎日朝早くに起きてトマトを収穫。
2人でビニールハウスを離れる時はあまりないそうです。

佐々木さんは現在もただトマトを栽培するだけではなく、1つのビニールハウスで実験をするなど、挑戦することを諦めていません。

写真2

佐々木さんのこれまでの人生

20歳くらいから大人くらいの仕事を!

幼少期の戦争のことや戦後の教育改革、その後の貧困な生活など、赤裸々にお話してくれました。
大家族の長男であったこともあり20歳にして農協に行ったり畑に行ったりと一人前のことはやらざるを得なかったそうです。

そんな中でも「性格的に好奇心旺盛だから何かに挑戦したい。という気持ちが強く何事にも挑戦、努力を欠かさなかった」とおしゃってました。

そして建築が好きな佐々木さんは26歳の時に自宅を設計、建築したそうです!!!

佐々木さんは戦後の教育改革の際に義務教育を受けた影響もあり、武器や憲法など戦争に関する事柄への関心が高まり積極的に政治活動に参加するようになりました。

そして18歳から選挙活動を開始したことや38歳で町内議会の議員として出馬、当選し30年間議員の仕事をしていました。

佐々木さん自身
「内向性だから議会にでることは考えていなかった。でも、みんなは自分のことは内向性とみないから、やってしまう。」
とみんなの熱い声援や協力があったように感じました。

佐々木さんの性格はお話を聞く限りむしろ外向性であるくらい活動的な方であると感じました。
佐々木さんの人生において、「若いころの貧乏をした経験が大きい、貧乏をしたから、、、」という若いころの経験が大きいとおっしゃっていました。

ですが、現代社会では衣住食不自由なく「普通」の生活を普通に送ることができる環境はこの平和の時代であるから実現していることを実感しました。

戦争を体験したからこそ、戦争に対する思いや憲法改革など関心が強い。
現代の若者は良い意味で平和慣れをしており、”経験した人にしかわからない” その思いを ”若者に伝える” ことの重要さを学びました。

佐々木さんは一回話し出すとどんどん情報が溢れかえるほどの人生経験を持っているのユニークな方でした。

写真3

実現させたかったペンション

交流人口を大事にしたい!!!「人間輸血」
いろんな人の交流をする機会を増やしていきたいということから、日高町でペンションをたくさん建てれば日高町以外の人と交流することができる。
しかし、大規模リゾート開発をすることで計画は出来なくなってしまった。

そこで、ペンションの代わりとなるようなライダーハウスを実現。

「多様な価値観や思考を持っている人と出会い、交流できる空間」

いろいろな人と話せるのが楽しい。
そんな気持ちでライダーハウスをやっていました。
利用は自分の家のように使っていいと、春から秋までずっといる人も掃除などは自由にやってくれればいい、お金はとらないと言っていました。
このように自由に暮らせる第二の家のような環境はなかなかありません。
現在はやっていないのですが、前に利用していた人からよく電話がかかってくるそうです。
もしかしたら、将来再開してくれるかも、、、、?!
その時は是非宿泊したいです。

写真4

佐々木さんのお話を伺って、日々挑戦することの大切さを学びました。
努力しなければ何も発見しないし、成長しない。
壁にぶつかった時こそ、何か見つかる。

失敗を恐れずに興味があることは挑戦すれば成長することができる。

ということの大切さを再認識しました。
私は日々「どうせ無理だから失敗するなら最初からやらなくていいや」と最初から諦めてしまったり、「効率の良いやり方や楽にするにはどのようにすればいいのか」など努力したりすることを避けていることが多いです。
「やれること」をやるのではなくて、「やりたいこと」をやり、日々チャレンジすることを忘れずに生活していきたいです。

柿崎 仁美

柿崎 仁美

早稲田大学 人間科学部 二年生

カンボジアと旅行大好き!
柿崎 仁美

柿崎 仁美

早稲田大学 人間科学部 二年生

カンボジアと旅行大好き!