人と自然を近くに感じられるまち

こんにちは、伊佐南乃里です。

私は地元と言える場所がなく、地元への憧れをきっかけにまち冒険に参加しました。
地域の人と出会い、その人の暮らしや仕事を知りたい!という想いで自然に囲まれたまち、北海道日高町にやってきました。

人と自然との距離が近い

いざ日高町に降り立つと、そこには広大な自然が広がっていました。
澄んだ空気を吸って、空を見上げました。
あまりの空の広さに胸が高鳴ります。
それは「空が近く感じる!」という今までに味わったことのないような感覚でした。

写真①

東京の街を歩いていると、溢れるほどの物や人に目を奪われます。
そんな場所で、日々目まぐるしく過ごしていて、ここ最近の私は空を見上げていなかったことにも気付きませんでした。

大自然と共に生きる人たちの暮らしを見て、日高は“人と自然との距離が近いまち”だという印象を受けました。
台風による甚大な被害を目の当たりにして、自然の厳しさも知りました。
それでも、自然と向き合いながら生き生きと働く人の姿は眩しくて、惹き付けられました。

自然と向き合うと、日々の生活に対するものの見方や考え方も自ずと変わってくるのではないか、そんなことを考えた日高での三日間、私はある決意をしました。
どんな仕事に就けるのか、自分に何ができるのか、今はまだわからないけれど、
空を見上げて季節の変化や時間の流れを感じ取れる人でいよう、という決意です。

美味しいお米は口コミで広がる

写真②

私は農業チームとして、松井さんご夫婦にお世話になりました。
お二人のやり取りに人を包み込むような優しさとあたたかさを感じました。
そんな松井さんご夫婦はお米農家をやられています。

松井さんのお米は、多くの人に愛されていて、その美味しさは口コミによって全国に広がっています。
口コミと言ってもインターネット上での口コミによる宣伝ではありません。
お客さんの、生の声で美味しさが伝えられているんです。
その背景には、お客さんの声が聞きたい、という松井さんの想いがあります。
人気の秘訣は、作る側と食べる側を繋ぐお米づくりにあったのです。

例えば、スーパーで買い揃えた食材で夕食を作る時、その食材がだれの手によってどのように育てられたのか、自分の元に届くまでの過程を知ることや想像することってそれほど多くないと思います。

松井さんとつながりを持てば、お米づくりの知見を深めることができます。
お米の奥深さを知った後に食べるごはんはひと味もふた味も違うはずです。
そしてその美味しさを直に伝えることができたら、食卓がもっと楽しく、もっと豊かなものになるのではないでしょうか。

私も松井さんのお米で作ったおにぎりを頂きました。

とびっきりの美味しさに感動しっぱなしでした…!

一つ一つの粒がしっかりしていて、大きさも揃っているんです。とても甘くてもちもちしていて、無限に食べてしまいそうでした。
こんなにお米が美味しいと思ったのは人生初です。本当に。
私もお米を食べた時の震えるような感動を周りに伝えて、“口コミ”で美味しさを広めていこうと思います。

写真③

花壇のお花が奇麗に咲いていたら家主が元気な証拠である

写真④

花壇をきれいなお花でいっぱいにしているお家が多いことに気付きました。
お年寄りのお家でもそれは変わらず、お庭や花壇が丁寧に手入れされていました。
「お花が奇麗に咲いているのは家主が元気な証拠」と松井さんは半ば冗談っぽく話されていましたが、そんなところからお年寄りの健康状態を把握できるのか!と驚きました。
人と人とのエピソードを聞きたい、と考えていた私にとって嬉しくなるようなお話でした。

「機械化が進んでいるから、人手が少なくてもなんとかなる」

もう一つ驚いた松井さんの言葉です。
農業は人口減少による人手不足の大きな影響を受けているのではないかと考えていたので、機械が果たす役割の大きさが印象に残りました。
その一方で松井さんは、機械化が進むことで、まちに人が少なくなってしまうのでは、と懸念されていました。
松井さんは、広い心で受け入れて下さる方です。
農業に興味のある人や地域で働きたいと考える人はぜひ、松井さんに会いに行ってほしいです。
広大な牧草地を前に、「何かに新しいことができないかな〜」と話す松井さんを見て私もなんだかわくわくしてきました。

日高町をもっと知りたい

家に持ち帰ったお米を家族で取り合う毎日です。
このまち冒険で得たつながりを大切にしたい、また日高町に行きたい、松井さんのおにぎりを食べたい、とたくさん欲が出てきて困っています。
今度は長期間滞在して、まだ見ぬ日高の魅力を探っていきたいです。

写真⑤

伊佐 南乃里

伊佐 南乃里

早稲田大学/文学部/3年

伊佐が名字です。
伊佐 南乃里

伊佐 南乃里

早稲田大学/文学部/3年

伊佐が名字です。