ガイドブックに載っていない岩美町のディープな良さを探しに!

短期留学をきっかけに日本の魅力を再確認した私はより詳しく日本の魅力について知りたいと考え今回参加しました。

舞台は鳥取県岩美町。2016年田舎に住みたいランキング全国1位に選ばれた町である。さあ、ここにはどんな魅力が眠っているのだろうか!

1200年の歴史


小林まち冒険1

この町には1200年も続く岩井温泉があります。岩井の家には元々風呂がなく風呂といえば共同浴場の事なので“共同浴場ゆかむり温泉”は日々地元の人に親しまれてきました。

熱い湯は43,3度あります。しかし地元の方は平気で入れるそうでむしろこれより温度が低いとぬるいと感じてしまうみたいです。

41度だと水のようだとおっしゃっていたのは非常に驚きました!
また、岩井温泉の守り神・御井神を祀る神社“御井神社”があります。日本最古の温泉神社8社の中の一つになっています。

まちへの恩返し


小林まち冒険2

温泉管理機構の方々とお話しする機会を設けて頂きました。

その中でも中島様のお言葉が私は非常に印象的でした。

どのような気持ちでお仕事をしているのかという質問に対して、町への恩返しをするため働いているんだ。感謝の気持ちを持ってお仕事に取り組んでいるんだという答えが返ってきました。

定年後も町のために熱い気持ちを持って働いている姿に非常に感銘を受けました。目には見えないですが陰で努力をしている人の手によって岩井温泉は1200年も続いているということを知り、また違った温泉の魅力を学ぶ事が出来ました。

町を歩く人が少ない


小林まち冒険3

温泉街を歩いていると伊藤一心堂という和菓子屋さんを発見!!

なんと創業90年の老舗和菓子店でした。

半日かけ1枚1枚手焼きにこだわった“ゆかむり煎餅”が人気商品となっています。梅雨の時期は湿気の影響で品数に限りがあるようですが私達は運よく食べる事が出来ました。

しょうがの味が効いていて非常においしかったです!また、お店の方にインタビューする事が出来ました。以前は温泉の後に浴衣で町を歩く人でいっぱいだったのですが現在は海の後に温泉に入りすぐに帰ってしまう人が多く寂しいという声をお聞きしました。

高校生との出会い


小林まち冒険4

岩美高校の生徒と会話する時間を設けて頂きました。

2年生2人、3年生3人計5人の男子生徒と“将来の夢”や“岩美町が今後どのような町になって欲しいのか”などについて約1時間語りました。将来の夢について聞いたところ岩美町のために働きたいという声が多く非常に驚きました。

その中でも印象的だったのは一人の男子学生の将来の夢です。僕は小さい頃から近所のおじいちゃんおばあちゃんにお世話になったので将来は介護士として今度は僕が地元の方々の役に立ちたいんだという答えに非常に感動しました。

都会に近い場所に住んでいる私は小さい頃から近所付き合いがあまりなかったためこのような考えがありませんでした。近所の方と近い距離で過ごせる環境だからこそこういった夢を持つことが出来たのだと思います。

将来有望な若者ばかりで今後の岩美町の発展が楽しみです!

感想

岩美町には魅力あふれる観光資源がたくさん眠っていました。

地元の方も知らないディープな岩美の魅力に触れることができ新たな発見の連続でした!

しかし岩美には素晴らしいものを兼ね備えているのに一つ一つが孤立してしまっている印象を受けました。温泉、海、山の間で上手く連絡を取れる環境を整え互いに協力する事によって人の流れが生まれ岩美町全体が活性化するのではないかと思います。

また、岩美町で出会った方々の地元愛に私は魅了されました。2泊3日という短い期間でしたが、出会う人々は本当に温かい人ばかりで、海はエメラルドグリーンで美しく、食事は海の幸が豊富でどれもおいしく、町には田舎とは思えないおしゃれなカフェなどもあり私も大好きな町になりました。

私は旅行会社に就職が決まっています。将来は岩美町の魅力をこれから多くの方に発信してきたいと思います。岩美町のために恩返しできるように頑張ります!

小林麻里

小林麻里

大妻女子大学文学部英文学科4年

岩美町に出会えてよかったです!
小林麻里

小林麻里

大妻女子大学文学部英文学科4年

岩美町に出会えてよかったです!