akamatsu_eye

多くの人と語らい、飲み交わしてきた田舎民泊のリーダー

経歴

1991年、地元消防署を退職後、金属加工工場を設立。経営の傍ら民生委員を続ける中、NPO法人エコビレッジかきのきむらに誘いを受け活動に参加、運営にも携わり副理事長を務めることとなる。事業に関わる中でグリーンツーリズムの取り組みを知り、都市住民の交流と受け入れのために農家民泊事業に携わることとなり、自身も「法師渕隠居」を運営。

活動内容

町内に民泊の実践者を広げ、民泊仲間「ずいたれ組合」の代表を務める。自宅にて田舎民泊「法師渕隠居」を運営し、魚獲り体験、山作業体験、牛飼い体験、和はちみつ採りなど様々な田舎体験を提供。その傍ら、NPO法人エコビレッジかきのきむらの運営にも携わり、地域住民と連携しながら柿木村の地域づくり、都市農村交流に取組んでいる。

目指しているもの

西中国山地の農山村の魅力にあふれた田舎体験をより多くの人に提供し、季節折々のゆったりとした田舎ならではの時間を過ごしてほしい。