柿木村有機農業の父

経歴

「有機農業は生き方」。1972年より柿木村役場勤務。高度経済成長期の真っただ中、世の中の流れが換金できる作物を追い求めていることに疑問を持ち、30年以上も前から旧柿木村で、家族のために安全な野菜や米を作り、その余剰分をおすそ分けする自給を優先した農業を提唱してきた。有機農業をけん引してきた第一人者。退職後は有機栽培で、自給を確立した農業を営んでいる。
(「島根県吉賀町移住交流ポータルサイト 吉賀町でくらす」http://www.town.yoshika.lg.jp/iju/about/genki/000.htmlより)

活動内容

町をあげて有機農業を始めた当初から食の安全を地域住民とともに考え、地域の食材加工場設立などにも尽力。現在も農業の傍ら、有機農業の啓発と普及に関する講演会やイベントの参加、学校給食や消費者グループへの食材の提供や有機農業入門塾の開催など幅広く活動している。食を豊かにする上で、中山間地の農地・農業は欠かせないという思いから、柿木村は絶対に生き残るという強い意気込みのもと地域農業を牽引し続けている。

目指しているもの

持久的、農的な暮らしを常に考えながら、経済至上主義ではなく循環的な暮らしをつないでいくことを目指している。先人たちが生き残るために継承してきた山間地の農業、豊かで安定した農的な暮らしを次世代につなぐための手段が有機農業。「儲る」「儲からない」ではなく、「本当の意味の暮らしをしているんだ」と誰もが胸をはっていつでも語れるような町を目指していきたい。