地元に続く暮らしと文化を大切にする都市住民との架け橋

経歴

東京都葛飾区出身。
大学時代に真冬の青森でマタギと一緒に過ごした経験より、自然と共に暮らしたい!と思い始める。
国際交流NPOで働く中で知り合った吉賀町柿木村「山の学校」川本さんの弟子になる。
2012年に募集していた吉賀町の暮らし相談員に応募し、町に移住。相談員の傍ら、有機農業『里山農園やまぐち』と加工品『よしかオーガニックファーム』を 同じ移住者と共に運営している。

活動内容

月の半分は役場の仕事で移住希望者の受け入れや広報活動、田舎暮らし体験の企画などを実施し、もう半分は有機農業に取り組むといった、まさに「半農半X」のライフスタイルを実践。中山間地域の中で脈々と受け継がれてきた持久的な暮らしを実践し、地域の資源を多くの人に伝えるべく定住促進に取り組んでいる。

目指しているもの

自然と文化とともに暮らす価値観を多くの人に伝え、都市住民との交流を継続し続けたい。
吉賀町には柿木村に長年の有機農業の取り組みがあることから、思いを持った人が移住をすぐに決断するパターンが多いが地道な交流から始まる定住促進にも取り組んでいきたい。