吉賀クエストをやってみたい!

151221_02

吉賀クエストスタート!!

江戸時代に参勤交代で江戸に行く際に使われていた津和野街道、木々が生い茂りすぐ横には日本一の清流「高津川」が流れています。スタート地点である榎ヶ休みは江戸時代に茶屋があり、人々が休憩所としていたそうです。目の前に大自然が広がっていてテンションがあがります。冒険の始まりです。

151221_01

黄色のじゅうたんを発見

樋口村の厳島神社の近くに落葉したイチョウの葉が一面に広がっているとても綺麗な場所を発見しました。一本しかないイチョウの木がまたいい雰囲気を出しています。
黄色のじゅうたんに寝そべって、自然の香りを楽しみました。心が癒されます。また10月の紅葉の時期になると背景の山の紅葉とイチョウの黄色がとても綺麗だそうです。手前にはベンチもあるので座ってゆっくりと津和野の自然を感じるのもいいですよね。

151221_03

津和野街道博士 右田 巧さん

今回、吉賀クエストをするにあたって津和野街道を案内してくださった右田巧さんはクエスト風に表現するならまさに「賢者」です。街道の要所を回って行く際に地形、歴史、地域に伝わる伝説など色々な事を知っておられ、それを教えてくださいました。
今は畑がある場所は昔は大きな沼だったという話を聞くだけで、何気ない景色も楽しめます。案内の最中、右田さんが幼少期に遊んでいたという、大きな葉を手に乗せて音を鳴らす遊びをやりました。なかなか上手く音が鳴らず意外と難しかったです。

1

高津川の水源、吉賀クエストゴール!!

ついにクエストのゴール、高津川の水源に到着です。到着して驚きました。なんと水源が千年杉の根元から湧き出ていました。とても神秘的でまさにクエストのゴールにふさわしい場所です。水がとても澄んでいて、色々な生き物がいました。水源のすぐ横には毎年6月に行われる水源祭りのために作られる藁でできた龍が飾られていいて、水の神として祀られています。藁を一本一本合わせてできた龍は迫力があり、必見です。
クエストをしたことでパンフレットには載っていない自分だけのお気に入りの場所を見つけることができました。
皆さんも、百聞は一見に如かずということわざがあるように、一度津和野街道を冒険して自分だけのお気に入りの場所を見つけてみてください。