151207_eye_re

吉賀町の「まち冒険」を始めよう!〜ワークショップ・レポート〜

こんにちは!「まち冒険プロジェクト」の案内人、澤千絵です。
まち冒険プロジェクトでは、まちと若者を繋ぐ窓口として、地域について学びながら自分たちで地域体験を考えるワークショップを定期的に開催しています。

10月25日、第2弾が始まりました!
今回の舞台は、島根県の最西端にある自然豊かな中山間地域、吉賀町。

_____6

ところでみなさん、「よしかちょう」って聞いたことはありますか?
2003年に六日市町と柿木村が合併して誕生したまだまだ若い町なので、県内でもその名を知らない人が多いんだとか…。
人口は6500人ほどの小さな町ですが、豊かな自然を生かして自給的な暮らしが営まれています。

kFU1

「田舎でやってみたいこと」って?

吉賀町と若者をつなげる第1弾のワークショップは、10月25日に開催されました。会場には約30名の大学生たちが集結。
まずは「吉賀町は自然豊かな“田舎”である」という情報だけを基に、田舎に行ってやってみたいことを思いつくまま書きなぐります!

みんなの「田舎」のイメージってなんだろう?
「自然の中で思いっきり遊びたいよね〜!」
「そのへんに生えている草とか果実とか、食べられる?」
「湧き水あるのかな?すぐに飲めるのかな?」
都会暮らしの若者たち、楽しそうに妄想力を発揮中。

IMG_1436

吉賀町の魅力とは?

次に、「よしか暮らし相談員」の石黒智絵さん、有機農業が盛んな柿木地区からやってきた福原圧史さんのゲスト2名が、吉賀町の魅力について紹介しました。

「森林面積は92%以上です。でも中心部にはコンビニがひとつあるし、東京と変わらないくらい便利ですよー!」(石黒さん)
「え?コンビニひとつ?(笑)」

IMG_1540

東京から移住されたという石黒さん、「東京と同じくらい便利」って、地域に馴染みすぎ。(笑)

「自慢は高津川の水源があること。4年連続で『清流日本一』に選ばれているんですよ!」(福原さん)
「へー!!日本一ってすごい!」

IMG_1572

ということは、あの高知県の四万十川よりもキレイってこと?

「夏は中高生が橋から川に飛び込んだり、モリで魚をついて焼いて食べたりしてますよ」(石黒さん)
「おぉー!モリで突いて『とったどー!』って言いたい!」

IMG_1535

ワイルドすぎます。

まちのとびらを見つけよう!

吉賀町の豊かな自然、食、参勤交代の道・津和野街道などのキーワードをもとに、みんなのやってみたい「まち冒険」について石黒さん、福原さんがアドバイス。

「秘密基地はつくれますか?」
「もちろん!山に入って思いっきり楽しめると思うよ!」

P1280169

小さい頃からの夢がついに実現か…!?

「いのししは食べられますか?」」
「もちろん!11月からはちょうど猟期。ネギや大根と一緒に鍋にするとおいしいんだよ〜!」

IMG_1559

いのしし鍋!絵本の中でしか見たことないけど、一度食べてみたかった!!

「日本一の清流でコーヒーを淹れたい!」
「水源の場所には樹齢300年以上の杉の木があって、コポコポと音を立てて水が湧き出てます!それを汲んで水源公園で飲んだら良さそうですね〜。」

P1280166

石黒さんがさもおいしそうに話すので、うわ〜飲みたい〜と会場がどよめきました!

あれもできそう、これもできそう!
吉賀町の魅力を知って、どんどん冒険アイデアが具体的になっていきます!

IMG_1664

こんなに冒険アイデアが飛び出しました。どれも魅力的なものばかりで、今すぐ吉賀町に行きたい!と、ワクワクしてきました!

IMG_1739

石黒さん、福原さんからは、この機会に山村の暮らしの重要性を学んで、自分の生き方を考えてみて!という言葉をいただきました。

最後に記念写真を撮りました。はい、しまねポーズ!みんないい笑顔してます!

IMG_1735

IMG_1775

このワークショップで出た冒険アイデアが厳選され、11人の大学生が「まち冒険」を行いました!次回は吉賀町フィールドワークの様子をお届けしますので、お楽しみに!

澤千絵

澤千絵

まち冒険プロジェクトスタッフ / Bono Inc. 新人ライター

東京都三鷹市生まれ。中学生の頃に地元町内会の新聞記者を始めたことから、地域づくりに関心をもつ。大学では主に地域社会学・都市社会学を学び、地方移住(UIJターン)の調査や地方でのフィールドワーク、質的調査(インタビューなど)を行ってきた。趣味は大好きな青森について探求すること、楽器演奏、大学時代の研究の続き。みなさん、いろいろ教えてください!
澤千絵

澤千絵

まち冒険プロジェクトスタッフ / Bono Inc. 新人ライター

東京都三鷹市生まれ。中学生の頃に地元町内会の新聞記者を始めたことから、地域づくりに関心をもつ。大学では主に地域社会学・都市社会学を学び、地方移住(UIJターン)の調査や地方でのフィールドワーク、質的調査(インタビューなど)を行ってきた。趣味は大好きな青森について探求すること、楽器演奏、大学時代の研究の続き。みなさん、いろいろ教えてください!