たった2人で3年かけて谷を切り開く。広島で失われた景色を取り戻すための挑戦を追う

まち冒険×Tachimachi工房コラボ企画!

シトラスの谷を復活させるプロジェクトを応援しよう!
まち冒険では、地域の新しい仕事や生業づくりを応援しています。今回は、広島県内海町で活動しているTachimachi工房の倉田敏宏に、たった2人でひとつの山を開墾し失われた柑橘畑の復活を目指して活動している方を紹介してもらいます。
まち冒険の応援ボタンと、クラウドファンディング(2016年12月20日まで)の2つの方法で応援できますので、ぜひご覧ください。

広島県福山市の南部に浮かぶ島・田島。

この島では、かつて島の象徴でもあったミカンなどの柑橘類の栽培が盛んでした。
しかし、今では後継者不足などの理由で、柑橘の香りが漂っていた畑は耕作放棄地へと変わってしまいました。

この場所で、かつての柑橘畑の景色を取り戻そうと、3年前から山となってしまった耕作放棄地を開墾し、柑橘の栽培に挑戦をしている農家・藤原仁智さんがシトラスの谷プロジェクトを立ち上げました。

藤原さんのお手伝いとして、Tachimachi工房の僕(倉田敏宏)も関わっていますが、彼が実際のところどういった未来を考えているかを真面目に聞いた事がなかったので、改めて聞いてみることにしました。

父が守り育ててきた柑橘畑の景色を、もう一度取り戻したい


たった2人で開墾した畑の様子。素人であれば、すぐに諦めてしまうところだ。

たった2人で開墾した畑の様子。素人であれば、すぐに諦めてしまうところだ。

倉田
藤原さんは内海町での活動をされていると思いますが、もともと内海町との関係はどういったものですか?


内海町は僕の生まれ故郷です。
ここで育って親父がやっていた柑橘畑の景色もよく小さい頃から見ていました。
専門学校卒業後は内海町を離れて、就職したのですが、20年前に辞めてこちらに帰ってきました。
やっぱり、地元がいいですね。

倉田
地元、いいですよね。僕も2016年3月末に東京からUターンしたのですごくわかります。で、こっちに帰ってきて、今何してるんですか?


今は、主に耕作放棄地を開墾して、柑橘畑を復活させるための農業活動がメインですね。

柑橘は「温州みかん」「はっさく」「ブラッドオレンジ」などを育てる予定です。

みかん畑と人(山へ向かう)

また、柑橘だけではなく、大根や麦、白菜、ねぎなどの野菜も育ててます。
これだけを育てる!と決めるよりも、いろいろな作物にチャレンジしていって、勉強したいと思ってもいます。

倉田
柑橘だけではなく、その他の野菜まで手がけられているんですね。
大根や白菜、鍋の季節にはいいですね。ところで、そもそも、なんで柑橘畑の開墾をされようと思ったのですか?


すごく個人的なことなんですが、この場所は山に囲まれて、谷のような場所になってるんですよ。

ここに柑橘がなっていた時は、柑橘の花が咲く頃には、甘い花の香りがするんです。
そして、谷になってるので、その香りが充満しているようになるんです。
その景色をもう一度みたいなと思ったのが最初です。

あとは、僕の父親がずっと実家の柑橘畑を守り続けていて、次は僕が守らないといけないなと感じ事もやろう!と決めた大きな理由ですね。

時にはミニショベルカーを自ら運転して作業をする。これよりも大きなショベルカーが必要になり、クラウドファンディングを始めた。

時にはショベルカーを自ら運転して作業をする。これよりも小回りの利くミニショベルカーが必要になり、クラウドファンディングを始めた。

倉田
やろうと決めて走り出したわけですが、今のように切り開いた状態にするまで、かなり大変なことがあったのではないかと思いますが、振り返ってみてどうですか?

最初のころは、「なんでそんな無駄なことをするんだ!」とか「わざわざ手間を増やして」と理解されないことも多かったです。

自分がやってることは無駄なのかなと思うこともありましたが、少しずつ切り開かれていく土地を見て、この場所に対する期待感の方が大きかったので、3年間続けることができたと思います。

あとは、開墾作業をすればするほど常に課題が発生しますね。

例えば、段々畑の石垣が壊れていたりすれば、自分たちで考えて積み直したりしますし、地中に埋まってしまっている木の根っこを重機を使って引き抜かないといけないなど、進めれば進めるほど新たな作業が発生します。
結構手間がかかりますね。その都度考えないといけないので。

開墾した畑にて、真ん中が藤原さん

開墾した畑にて、真ん中が藤原さん

倉田
農地を切り開く難しさや理解のされにくさというものがすごく伝わりました。困難を超えて、藤原さんはこの場所にどんな夢を描いていらっしゃいますか?


この場所をきっかけにしてもらって、内海町やお隣の沼隈町をしってもらいたいと思っています。
この地域にはおもしろい人がたくさんいます。
その人たちも知ってもらいたい。
そのために、まずここに来てもらえるように体験ができる場所・全力で遊べる場所を作りたいと思っています。
そして、来ていただいた方がこの場所から、他の内海町や沼隈町にも遊びにいっていただけるようにしていけたらと思います。

まち冒険では、地域の新しい仕事づくりやなりわいづくりを応援しています。
下の応援ボタンを押すことで、登録不要で誰でも無料で記事に登場した人を応援することができます。
さらに、今回はコラボしているクラウドファンディングのサイトでも様々なプランを通じて寄付応援することができます。
まち冒険と、クラウドファンディング、ぜひ両方とも応援をよろしくお願いします!

クラウドファンディング:柑橘畑よ、よみがえれ。広島県内海町の柑橘を復活させたい!
https://readyfor.jp/projects/utumi_kannkitu

倉田 敏宏

倉田 敏宏

ローカルディレクター

広島県福山市沼隈町出身。2016年にローカルディレクターとしてtachimachi工房を設立。現在は耕作放棄地開墾サポートや宿屋作りを行う。
倉田 敏宏

倉田 敏宏

ローカルディレクター

広島県福山市沼隈町出身。2016年にローカルディレクターとしてtachimachi工房を設立。現在は耕作放棄地開墾サポートや宿屋作りを行う。