伊那の大自然と桜

伊那で林業をしたい!

伊那の大自然と桜

今回、まち冒険初参加の僕が訪れたのは長野県伊那市。南アルプスと中央アルプスに囲まれた自然豊かな空気がおいしいまちです。



どんな人がいるのだろう


僕が出発前に目標にした事は、伊那市にはどんな人が居て、どのように生活を営んでいるかを二日間で体感する。

かつ、「都会に住む学生と地方を繋ぐことに対してどんな意見を持っているか」を知るという事でした。この二つを実行するためには、短い時間でまちにとけこむ努力をしなければいけません。

その為に僕がしたのは、たくさんの人との「会話」でした。



木と共に生きる


木を切る

林業チームが訪れたのは、ますみヶ丘と呼ばれる地区にある森。森に着くとすでに作業が始まっていました。響き渡るチェーンソーの音がなんとも心地よい。

まずは学生と、ますみヶ丘で林業を行っている西地区環境整備隊の皆さんとでの自己紹介タイム。整備隊の皆さんは、普段はサラリーマンや作家など全くジャンルの違う人が集まり、20人程で構成されているそうです。
普段の仕事はバラバラですが、「林を守り、地球を守る」という考えは皆同じです。

僕たちが行ったのは、整備隊が切り倒し丸太にした木を軽トラに運ぶ作業。

みなさんは丸太を持ったことありますか?(笑)

これがなかなかの重さなのです。

太いものだと50kgを超えるものも。普段運動しない人がやったら翌日の筋肉痛間違いなしですね。

軽トラに運んだ丸太は、ご近所の方々にお届けしました。今は暖かくなってきましたが、冬の伊那の寒さは厳しいもの。この丸太がストーブの燃料の薪となります。

地域にはお年寄りも多く住んでいるので、整備隊が協力して木を運んでいるそうです。田舎のこの助け合いの精神。たまりません。

作業の合間にメンバーの方にお話を聞くことができました。
一人目は澤西 良和さん。愛知県出身。東京で数年仕事をした後、伊那市にIターンで来たそうです。林業は肉体的にきつい時もあるが、それ以上にやりがいがある。今は自分自身の生きがいと話してくださいました。

澤西さんと切り出した木

二人目は浜田 久美子さん。作家のお仕事をされていて、森に関するノンフィクション作品を書いているそうです。林業で木を切ることは、アースキーピングに繋がる。もっと若い人に飛び込んでほしいと強く言っていたのが印象的です。

インタビューする加藤くん

二日目は、こうあ木工舎の見学です。ここでは西地区環境整備隊のリーダーでもある中村博さんが職人として働いています。

各種かんな

まずびっくりしたのが、カンナの数!

こんなにも種類があるのかと正直絶句してしまいました。名前もしゃくりがんな、たちがんな、ほっけじがんなと、どれがどれだか正直覚えていません(笑)

カンナの木の部分は職人さんがそれぞれ手作りで作るそうですが、刃は専門の職人さんが仕立てているそうで、基本のもので4万円。高いものは奥さんに知られてはマズいので秘密だそうです。

以前はそこまでしなかったそうですが、18年前にけずろう会なるものが結成されたのが大きなきっかけに。

初めは、職人がかんなの技術を遊びで競っていただけだそうですが、その流れが世界規模にまで普及。今ではかんながけの世界大会が開催されるまでになったそうです。

競技人口が増える一方、かんなを作る職人は年々減少。それがかんなの値上がりに繋がっているそうです。かんなの世界を紐解くと、日本の伝統技術の伝承にまで行き着く。うーん、奥が深い。

 

これから伊那でやりたいこと


林業チーム集合

まち冒険in伊那で感じたことは、伊那に暮らす皆さんの笑顔と温かさ。生きることを全力で自分なりに楽しんでいる人たちに出会えた冒険でした。

地元の皆さんからも都会の学生を連れてきてほしいとの意見をいただき、本当に嬉しい限りでした。

自分の友達にも、まだ知らない会った事もない学生にも伊那の素晴らしさを感じてほしい!
その為に僕は、林業を通して学生が伊那と繋がるプロジェクトを実行したいと考えています。林業に興味がある学生は、伊那に来れば木を伐採する体験ができる。田舎暮らしをしたいという学生がいれば、伊那に来ればその体験ができる。

そのような場を作れれば良いなと思います。その手始めとして、僕自身チェーンソー講習を受ける準備を進めていたりと現在少しづつプロジェクトは動いています。

これからの動きに注目ください。Coming soon…



ギャラリー


薪割り

薪わりも体験しました。

間伐の様子

伐採の様子を見学。

かんなと中村さん

中村さん。ものを作る際には極力木以外の物を使わないを理念に。

こうあ木工舎にて

こうあ木工舎の皆さんと!

加藤健太

加藤健太

東京農業大学 国際食料情報学部食料環境経済学科 三年

学生団体Jimoto.Link 浅草で人力車引いてます!
加藤健太

加藤健太

東京農業大学 国際食料情報学部食料環境経済学科 三年

学生団体Jimoto.Link 浅草で人力車引いてます!